自分で行うほくろ除去

ほくろの除去は皮膚科を受診して手術にしないと取り除けない訳ではありません。ほくろ除去用のクリームがあるので、クリームを使って自分で除去する事も可能です。ほくろ除去用のクリームは肌に穴を空けてほくろを溶かして除去して、その後傷跡を治していくイメージです。

クリームを使って除去する場合は皮膚科や美容整形外科で切除する時と比べて安い費用で済みメリットがあります。また自宅で行えるので、皮膚科や美容整形外科の予約を取って通院する必要がありません。デメリットとしては自分でクリームを用意して自己責任で行うので、何かあっても責任は全て自分で取らないいけない事です。

ほくろを切除する手術

皮膚科で行えるほくろ除去の手術方法は主に二つあってレーザー治療と電気メス手術があります。レーザー手術は細胞の中の水分とレーザーの赤外線が反応すると熱が発生するので、それを利用してほくろを切除していく施術方法です。電気メスによる除去は切り取るような形で切除するのではなく、ほくろを削りながら電気の熱を使って傷口を固めながら手術を進めます。

レーザーによる手術のメリットは電気メスと比べると傷跡が残りにくいという点です。大きさの小さいほくろを取り除く時は電気メスよりもレーザーの方が適しています。レーザーのデメリットは施術が一度で終わらないので、複数回施術が必要になる事と場合によっては再発する恐れがあります。電気メスのメリットは再発するリスクがない事と施術が一回で終わる事です。デメリットはレーザー治療と比べると傷跡が残りやすい事です。

ほくろ除去にはレーザー治療、メスによる切除法・電気分解法があります。ほくろの大きさによって処置する治療方法が異なります。