治療方針で変わる!歯医者の選び方のポイント

治療方針を説明してくれる

歯医者を選ぶときにはホームページなどから情報を知り、比較することが大事です。まず挙げられることが治療に関することです。歯科医師がすぐに治療をするのではなく、どういった経緯でいつごろから症状が出だしたかということなど、患者と医師がコミュニケーションを取ることができるかがポイントです。歯科における治療方法にもさまざまなものがあり、メリットやデメリットがあります。それらを丁寧に説明してくれることは、患者のことを考えてくれているからです。

予防歯科に力を入れているか

虫歯だけを治療すればいいという歯医者ではなく、虫歯にならないためのアドバイスや歯磨き指導をする歯医者も良い歯医者と言えます。虫歯にならないための指導を予防歯科と言います。予防歯科は虫歯だけでなく歯周病予防にも効果的です。予防歯科に取り組む歯医者では歯磨き指導だけでなく合う歯ブラシを提案してくれるなど、日常の歯磨きのレベルを上げてくれます。デンタルフロスなど歯ブラシ以外の道具の使い方も知ることができます。

治療前の歯磨きもポイント

虫歯の治療を行うときにも歯磨きを適切に行う歯医者を選ぶことがポイントです。虫歯の治療では虫歯の部位を削って詰め物を入れることがあります。虫歯を削ってから詰め物を入れるまで一週間程度の時間が必要ですが、その期間に削った部分に食べかすなどが付着することも考えられます。詰め物をすると基本的に取り外さないことから、削る前にきれいにしてもらえると安心感を得ることができます。

恵比寿の歯医者では夜遅くまで営業している歯科クリニックがあるので、仕事や学校帰りに通院しやすいです。