眉間のしわや笑いじわの解消だけではない!ボトックスを上手に活用しよう

垂れ目になりたい人や鼻を高くしたい人まで

表情筋の働きを少しだけ弱めることで、笑いじわなどを消すことができるボトックス。マリオネットラインのような表情に関係なく顔に出てしまった、いわゆる固定じわはヒアルロン酸がよく効きますが、表情じわはまとめてボトックスで対応可能です。しわ取り目的で利用することが多いボトックスですが、他にも筋肉に作用することで多彩な効果をもたらしてくれます。あごのエラを小さくして小顔にしたり、花粉症や多汗症の治療などに使われることも。でも、実はこれ以外にも顔や体の色々なところにボトックスを注入できるんですよ。つり目できつく見える人は眼輪筋の収縮を弱めることで、垂れ目を作り出せます。優しい雰囲気や癒し系の顔立ちにあこがれている人にオススメ。それから、意外に思えるかもしれませんが、鼻を整える時にもボトックスを使うことがあるんですよ。ヒアルロン酸やプロテーゼを使う治療と比べると知名度は低めですが、鼻先を上向かせて鼻筋を高く見せたい場合は鼻中隔下制筋、鼻の穴の大きさを調整して小鼻を美しくしたい場合は鼻孔開大筋に使います。

美肌になれるボトックス!?

皮膚の浅い部分に限定して、細かく注入するマイクロボトックスというものもあります。目尻と頬を中心に注入することで、顔全体を引き締めてたるみを解消したり、毛穴の開きなどを改善することが可能です。しわを取り除きたいものの、表情が不自然になったら不安なのでボトックスをやるのが怖いという人は、このマイクロボトックスを選びましょう。

小陰唇縮小手術ではデリケートゾーンの黒ずみをなくす、臭いを消すことができるというメリットがあります。