サロンの方がいい?結婚式ネイルにおける3つのパターンとは

結婚式ネイルは特別?人によって様々

結婚式に合わせて、ネイルをする人が増えています。特別な日だからこそ、スペシャルなネイルにしたい人も多いのだとか。今回は結婚式ネイルにおすすめな方法を3つご紹介します。

サロンでブライダルネイルをする

ネイルサロンの中には、ブライダル向けのデザインを扱う店舗も。純白のドレスに合うデザインも多く、利用する人が増えています。馴染みの店舗であれば結婚式当日、万が一デザインが欠けてしまった時にも対応してくれそうですよね。ジェルネイルは約3週間~1ヶ月保つので、しばらく結婚式ネイルを楽しみたい人にもおすすめです。

セルフでネイルをする

自分でネイルをするという人も多く見受けられます。ひと塗りするだけで、爪を綺麗に魅せるマニキュアも多数。普段から自分でネイルしている人であれば、筆で好きなようにアートしたり、ストーンやシールなどを付けてもいいですよね。ただ、セルフネイルは「ハゲやすい」ことも難点。結婚式当日までに、ネイルが欠けてしまうこともあるでしょう。結婚式までの準備に忙しく「セルフネイルを検討していたけれども、サロンで行った」という人もいます。

つけ爪をプロに依頼する

つけ爪をプロに作ってもらう方法もあります。事前にプロと打ち合わせするため、自分の希望に沿った形状やデザインになるようです。数週間程度で完成し、結婚式当日に装着します。取り外し可能なので、普段ネイルをしない人にもおすすめです。また、職場でネイル禁止の人にも良い方法でしょう。つけ爪を結婚式の記念として残す人もいます。専用のフレームに入れれば、部屋に飾ることも可能です。

ネイリストとは指の爪をケアしたり、飾りつける仕事をしている人のことを言います。専門学校で学んだり、専門店で修行したりと経験を積みます。